地盤調査・地盤解析

地盤調査

地盤調査とは、住宅等を建てる際に必要な地盤の強度、
性質等の把握などを目的として行う調査です。

日本全国対応(一部離島除く)致します。

地盤調査の方法

スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)

木造住宅、アパート等でよく使われる方法で、先端がキリ状の器具に荷重を掛け、25センチ下がるまでに、ハンドルを何回転させたかによって地盤の強さを表すN値を推定します。

深度15m位まで測定することができます。

img
表面波探査法(レーリー波)

表面波探査法は、地表から地中に向けて、振動波を発信し、地盤の硬さを調べる方法です。

硬い地盤ほど振動波が速く伝達する性質を活用し、振動波の反射時間によって、地盤が硬いか柔らかいかが分かります

img
ボーリング調査(標準貫入試験)

ボーリング調査は最も基本的な地盤調査方法です。

先端にサンプラーを取り付けたロッドの上に63.5kgの重りを76センチ自然落下させて打撃します。

サンプラーを地面に30センチめり込ませるのに要する打撃数をN値といい、このN値によって地耐力がわかります。

同時にサンプラーで土を採取し、砂質土なのか粘性土なのかを調べることができます。

img

地盤解析

地盤解析とは、基礎については建築基準法施行令第38条(建設省告示第1347号)、地盤および基礎杭については建築基準法施行令第93条(国土交通省告示第1113号)に基づき、地盤の耐力の基本である、地盤の強度、地盤の収縮、地盤の変形等を基に検討・評価を行います。